酢飯を作るうちわを描く

酢飯を作るうちわを描く

酢飯を作る時に使ううちわ。いつもパタパタと使っていますが、100均で真っ白なうちわを見つけました。使ってみると持ち手も意外としっかりしたものがありました。本来であれば、子供の夏の工作や、コンサートの際のグッズ作り用のうちわなのでしょうが、遊び感覚で江戸の挿絵風の絵を描いてみました(笑)

江戸関連の書籍の挿絵をお仕事でさせていただいた際に、沢山の江戸に関する資料を調べ、挿絵や風刺画も山ほど見ていた時にとても印象深かった行商人の絵。
あらゆる商いが江戸時代には外商として成り立っていたんだなあ、という記憶があります。
”お寿司”という観点から、魚屋さんの絵。それと芸者さん風の2つを描いたのですが、芸者さんには飾り巻き寿司を持たせて見ましたよ♩
外国のお客様にはこちらを記念のプチお土産としてプレゼントしてみたら喜んでもらえるかしら?なんて思っています!