令和元年台風第15号 千葉県被害

令和元年台風第15号 千葉県被害

この飾り巻き寿司発祥の地、故郷の千葉房総半島が、2019年9月9日に上陸した令和元年台風第15号の直撃により、甚大な被害を受けました。
停電と断水が千葉県全体に発生し、猛暑も重なり65万世帯という尋常でない数のお宅のライフラインが途絶えました。今も尚 電気も水道も通っていない南部の地域もたくさんあります。

飾り巻き寿司は 房総半島に行くといつでも道の駅やスーパーに並んでいる食べ物です。この被害により、飾り巻き寿司を作っている人達のダメージも計り知れず。。それよりもまずは生きて行くための場所・水・食事に苦しんでいる人達があれから2週間経とうとしているのに、まだ大勢いらっしゃる、ということです。

今、千葉の飾り巻き寿司のワークショップを立ち上げるに当たり、東京でこの技を多くの人に
お伝えしてゆく事の意味合いを強く感じております。

まだ電気・水を待っていらっしゃる千葉南部の皆様。
頑張ってこの苦境を乗り越えてください!


今回の台風被害の寄付金は、千葉県として ”ふるさとチョイス災害支援”にて全国から受け付けているそうです。
https://www.furusato-tax.jp/saigai/filter?category_id[]=1098&state_id=3&prefecture_id=12


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です